パイレックス

パイレックス

パイレックス

このページは「日本全国のせんべいの種類とは 」の情報コンテンツです。
パイレックス > 日本全国のせんべいの種類とは

豆知識

日本全国のせんべいの種類とは

せんべいは日本全国で作られており、それぞれの地域の特色がでるお菓子です。日本を代表する定番のせんべいについて、ご紹介します。

南部せんべい

青森県南部や岩手県など南部氏が治めていた地域で名物となっているのが南部せんべいです。南北朝時代にこの地を訪れた長慶天皇に対して、そば粉とごまで焼き上げたものを食事として出したのが起源と言われています。南部せんべいは小麦粉を練って、丸い型で焼かれます。縁に「みみ」と呼ばれる薄い生地が残っているのが特徴的です。白せんべいと呼ばれる小麦粉と塩だけで作られるせんべいがもっともベーシックなものですが、ごまや落花生を加えてものが一般的で、南部せんべいと言えば、ごまのせんべいを思い起こす人が多いようです。

草加せんべい

草加せんべいは埼玉県の草加市近辺で作られているせんべいです。日本でもっとも有名なせんべいではないでしょうか。草加地域は昔から米の産地として知られ、余った米をせんべいとして保存食にしていたのが始まりのようです。草加せんべいは、私たちが普段食べているお米、うるち米をよく練り込んで焼いた堅い食感が特徴のせんべいです。もともと塩を塗り込んだ塩せんべいが主流でしたが、幕末くらいから醤油が塗られるようになり、今では醤油せんべいがもっとも一般的です。天皇に埼玉の名産品として献上したことから全国的に知られるようになり、現在では地域団体商標として登録し、草加せんべいはブランド化されています。

八ツ橋

八ツ橋は京都を代表するお菓子です。今では生八ツ橋の方が有名ですが、こちらは1960年代に登場した新しいもので、米、砂糖、シナモンを練った生地を焼いた堅焼きせんべいが昔からの伝統的な八ツ橋です。その形は箏の形をしており、近代箏曲の開祖と呼ばれる八橋検校にその名は由来しています。修学旅行で京都を訪れた多くの学生がお土産として買って帰る京都の定番商品です。

瓦せんべい

瓦せんべいは神戸と高松でそれぞれ郷土のお菓子として作られています。その名のとおり、家の瓦の形をしているのが特徴的です。製法も小麦粉だけで作るのではなく、小麦粉に砂糖や卵などを混ぜて作られます。これはカステラの原料と同じであり、洋菓子に近いせんべいです。高松では、特産の和三盆を使った瓦せんべいが売りとなっています。

パイレックス 激安通販
ExecutionTime: 85 msec / Memory: 7.6 MB