パイレックス

パイレックス

パイレックス

このページは「枝豆のマメ知識 」の情報コンテンツです。
パイレックス > 枝豆のマメ知識

豆知識

枝豆のマメ知識

日本人にとってなじみの深い枝豆。枝豆にまつわるマメ知識をご紹介します。

枝豆の収穫時期

枝豆を収穫するタイミングはとても難しいと言われます。大豆の生育期間150日ほどのうち、枝豆としての期間はたった3日ほどだという方もいます。枝豆農家は最適な収穫時期を計って私たちに枝豆を届けてくれています。現在では流通期間が発達して、早朝に収穫して、翌朝には全国のお店に届けることができるようになりました。絶妙のタイミングで収穫された鮮度のいい枝豆はとってもおいしいですよ。

4粒入った枝豆

枝豆の袋に入っている豆は通常、2~3粒です。4粒入りの枝豆にはなかなかお目にかかれません。枝豆は2粒か3粒か優等生とされ、4粒入りの枝豆は、栄養分が4つに分散されるので、失敗作なのだそうです。そのため排除されるのでなかなか目にすることがありません。4粒入りの枝豆を見つけたら、かなりラッキーです。

枝豆の産毛の秘密

枝豆には産毛が生えていますよね。この産毛にもちゃんと意味があります。少しでも昆虫から身を守るためです。枝豆は糖度が高いので、昆虫に狙われやすいのです。そのほか、乾燥する地域では、夜露の水分を蓄えるために、産毛が役立つと考えられています。桃やキウイに生えている産毛もやはり同じような役割があるそうです。自然を生き抜くための知恵です。

枝豆の選び方

枝豆の旬は、種類によっても若干違いますが、通常の枝豆は5月~10月です。豆がふっくらとして、ほどよく濃い緑色が食べ頃といわれます。豆がはちきれるほど膨らみすぎていたり、サヤの色が薄いものは、食べ頃の時期を過ぎているので、選ばない方がいいでしょう。

枝豆が入った袋の内側に水滴がついているのは、枝豆が呼吸をしている証拠です。ただ、袋の中に水が溜まっているのは、避けた方がよいです。枝豆を洗った後の水切りが十分でなかったと思われます。

パイレックス 激安通販
ExecutionTime: 158 msec / Memory: 7.6 MB